工事の流れ
地質調査・基礎工事
土地により地質がそれぞれ異なります。地質調査することによって土地の状況にあわせた基礎工事を進めます。
製材
私どもが得意とする木組の家、その材料となる金山杉を中心とした良質の山形県産の杉をメインに製材します。構造材も全て化粧となる木組の家は材質・乾燥にとことんこだわります。
※木の乾燥には多少お時間が掛かります。良質な住まい建築のための時間とご理解下さい。
墨付け・機械加工
近年多く見られる機械式の木材加工「プレカット」私たちは機械に頼らず全て手きざみで加工します。機械ですることの出来ない長尺物の木材加工(約10mまでの杉材をジョイントなしでお建てします)複雑な木組みでより丈夫な住まいを提供します。
上棟式
最近では見かけなくなってしまった「もちまき」をこのとき行います。地方によっては大工工事の棟上と屋根工事の棟上を2回行うところもあるようです。
次のステップへ
 

    家作りの流れ: 

  •  : 

  •  : 

  •  : 

  •  : 

  •  :